×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AMX−003 ガザC 袖付き仕様
通常のガザCは、「機動戦士Zガンダム」に登場しているアクシズのMSですが今回の機体は、「機動戦士ガンダムUC」に登場する「袖付き」と呼ばれるネオジオン残党軍に配備されている仕様です。
(以前に製作したギラ・ドーガ(袖付き)と同じです。)
当然ですがその名の通り袖や胸部にエングレービングが施されています。
ガンダムUCには他にもガザDが登場します。
制作コメント

このキットは物凄く久しぶりに作りましたね。昔に作った物よりこのカラーリングの方がしっくり来てカッコ良いですよ。
改造やあとハメ加工自体は昔に作った物を思い出してやりましたが今回は「袖付き」なのでプラ板等を使ってエングレービングを施しています。

皆さんが当然の様にこのキットを作る際、改造するであろう動力パイプはあえてそのままのゴム製です。
設定が黄色だったので塗装出来ないゴムパイプが最初から黄色のハマーン専用機のキットを使っています。
何故モビルパイプを使わないのか?それはこのゴム製の物が丁度良い太さだからです。
モビルパイプだとこの中途半端なサイズが無いのですよ・・・
太くするとカッコ良いけど量産機の頼りない感じやアニメっぽさが出ないと思いましてキットのまま使用する事になりました。

あとヒジ関節のパイプは設定がで確認出来ないため削り落としました。
両肩のバインダーと脚部はより丸い感じにするためエッジを落としています。
それとリアスカートのみ裏側をプラ板で埋めています。

もう一つとても重要なのですが物凄く塗り分けがし難い足首も1色の色で塗らず塗り分けしましょう。
見逃しがちな左胸のダクト部分の周りはホワイトです。
元々モノアイなどはグリーンのクリアパーツでしたが劇中のイメージと随分違って見えたので塗装しました。
あと頭の側面に貼られている袖付き章も忘れずに!(貼っているデカールはコレのみ)

カラーリングは以前作ったギラ・ドーガと同じ色で塗りました。
この機体は資料も少なくて劇中では逆さに出て来て少ししか写っていなくて塗り分けが解かりにくいですが私が見る限りこれで正解なはずです。(間違っていたらごめんなさい)
そう言えば、ドライセン(袖付き)のキットのパッケージにも描かれていましたね。

ちゃんと変形出来ますが関節タイトに作りましたのでもし変形途中に塗装が剥がれたりしたらどうしようもないので画像はMS形体のみとさせて頂きました。