×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AMX−003(MMT−1) ガザC
ジオン公国残党によって結成されたアクシズが独自に開発を行った可変MSです。
作業用MSのガザA・ガザBを基本に攻撃能力を持ったMSとして開発されました。
アクシズでの型式番号は「MMT−1」。
グリプス戦役時には、アクシズ先遣隊の主力として、100機以上が配備されています。

アクシズ(ネオ・ジオン)には、後継機のガザDやガ・ゾウムと言った機体も存在します。

製作コメント


殆んどストレートに近いですが、気になった箇所を何点か改修しています。
このキットは、スタイルも良くオマケに変形するので文句なしに良いキットですが、あとハメ加工が必要だったり足首のつなぎ目が消しにくかったりちょっと組みにくかったです。

キットにある不自然なエッジは、消しています。
あとハメ加工が必要な所も可動がゆるくなるのを避けてしておりません。
(昔ながらの方法で作りました。)

頭部=このままでも可動するのですが、もう少し首をひかせたかったので胸の装甲パーツの一枚板を切り取っています。
ホビー誌の作例等では、頭部パーツ自体を切っていましたがせっかくモールドも入っているので勿体無いです。装甲パーツの裏を切り取ってやる方がおすすめです!

胴体=ストレートです。
バーニアの縁を薄く削っています。

腕部=ここも基本的にストレートです。
軸の細さが気になったので何時ものように手首カバーを追加しました。

脚部=ここも殆んど基本的にストレートです。
ただ、つま先裏の肉抜き穴をパテで埋めています。

後は、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1000)の後に基本色塗装・基本色にホワイトを加えた色でグラデーション・エナメル塗料(ブラック+グレー)でスミ入れ・デカール貼り・トップコート(つや消しと半ツヤのブレンド)を吹いています。
動力パイプは、ゴム素材なのでスミ入れのみです。
パイプに関しては、色々とほかの物に交換されている方もいらっしゃるでしょうが、スタイル的にノーマルが一番このキットにあっている様に思います。

デカールですが、最近流行のコーションマーク貼りまくりは、あまり好きでは無いのでジオンマークのみです。

最後にカラーリングですが、説明書や劇場版のガザCは、昔の色と随分違います。
私の場合は、TV版のもっと薄い色で塗っています。
この機体には、私が何時もやっている黒立ち上げ塗装が合わないと思い通常塗装にしました。(Z系の機体は、そうですよね!やっぱり!))
一応グラデーションをしたつもりだったのですが、殆んど肉眼でもわかりませんね・・・。