×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RGM-79SP ジム・スナイパーU
スカーレット隊仕様
このMSは、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場する連邦軍の量産機MSです。
機体の性能の良さからコストが高くあまり量産はされなかったようです。
劇中でも一瞬しか登場しなくて次々とヤラれていくのですが妙にカッコ良かった記憶があります。

スカーレット隊とはペガサス級強襲揚陸艦グレイファントムを母艦とし、ガンダムNT-1を受領するためサイド6のコロニー・リボーに駐留する部隊です。
しかし、サイクロプス隊のミハイル・カミンスキーが駆るケンプファーの襲撃を受け、最新鋭のMSがケンプファー1機に次々に撃破され、全く良い所の無い部隊でしたが、オリジナル作品に登場するスナUと言えばやはりこれなのでデフォルトのこの機体にしました。
せめてもう少し活躍して欲しかった・・・

個人的のもこのデザインが凄く気に入っておりますね。
ゲームソフトなどでは今や当たり前の様に登場するMSですが、中でもホワイトディンゴのスナイパーUは別格にカッコ良い!あとガンダム戦記に登場するデルタ2も捨てがたいです。
制作コメント

このキットは、かなり良い出来で好感が持てるのですが唯一気に入らなかったのが頭部の形状です。
オリジナルと違いジムやガンダムの様なトサカになっており、それを劇中で見たとおりに改造致しました。

あとはお決まりの手首の付け根に市販パーツを使ったくらいでほぼストレートと言ってよいです。
デカールもキットに付属のシールです。
これのデカールも持っていたのですがキット付属のシールの方がバランスが良かったです。

大昔にもスナイパー2が作りたくてジムコマンドを改造して作りましたが流石に製品版のバランスの良さには勝てませんね。
突き詰めて行けば、山の様に改修しなければいけないので今回は、(と言うか今回も)キットの良さを活かしてシンプルに作っています。