×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RGM-79N ジム・カスタム
アルファ・A・ベイト&ベルナルド・モンシア搭乗機
今回の作例は、製品版のHGUCジムカスタムのキットです。

以前にも違うキットからの改造でバニング機を作りましたが今回は元々ジムカスタムのキットなので楽かな?と思っていましたがいざ作ってみると結構気になるところがあって結果、修正箇所が多いものになってしまいました。
設定画にあってキットに無いとか今では普通なんですけどね。

しかし、何時もそうですが結構手を加えているのにあまり解らない(元のキットが良いだけに)というのが悲しいですがフィギュア付きなので良しとしてください。
バニングと並びジムカスタムと言えばベイトとモンシアですからね。

昔、せっかく頑張って作ったジムカスタムも今はこうやってキット化されているのが嬉しいやら悲しいやらですね・・・個人的にはこのキットのスマートな感じもアリだと思いますが以前のもメリハリがあって好きですね。
でも当然なんですがこちらの製品版の方が完成度が高いです・・・。
制作コメント

依頼者様からの要望で以前のジムキャノンUと統一感が出るよう同じような改造をしています。
ジムキャノンUの時にも書きましたが足を延長していますがほどほどに・・・
キットのままでも十分カッコ良いです。
このページでは1機しか作っていないように思われますが実はベイトとモンシアの2機を全く同じ仕様で作っています。

改造箇所

頭部は、お決まりの下まぶた追加・アンテナをシャープ・モールドの追加・サイドダクトの削りこみ・バイザーの形状を変更・襟足の形状も設定画風・首が細いのでバーニアパーツで大型化しています。

胴体は、胸の黄色いダクトを3枚フィン・首元のモールドが設定より1本多いので減らしてディティールの追加・再現されていないディティールをピンバイスで両肩とランドセルに追加・サーベルの取り付け位置をセンターよりに変更・あとはバーニアを薄く。

腕部は、あとハメ加工・肩の取り付け方法を変更・手首カバーの追加。

足部は、あとハメ加工・太ももの延長・足首のアーマーにC面をわざと追加・設定画で確認出来るモールドも追加。
武器はライフルはノーマルでサーベルは細かいディティールとモールドを追加・シールド裏に予備弾倉を追加(これは昔に作ったレジンの複製です)
(モンシア機のみ90ミリマシンガンも製作)

あとは、スラスター関係を全て市販パーツに変更しています。
デカールは、シールドに黄色の連邦マークを貼ったのみ!

フィギュアも以前作った同シーリズの物と身長などを調整して何時も通りに作っています。
一つ前に作ったアデルよりも元々の設定で身長が高い人なのでフィギュアにも身長差を付けています。
出来具合はアデルと同じくらいでしょうか・・・
モンシアのフィギュアの画像はベイトと同じ位の大きさに調整していますが実際は結構、身長差があります。
このモンシアって人は表情が豊かなのは良いのですがひょうきんな顔と真面目な顔とでは別人様に顔のバランスが違ってかなり手強かったです。
両方のバランスをとったらちょっとリアルタイプになってしまいました・・・。
この画像を見る限りでは結構、怖い顔に写っていますね。
実物はもうちょっと雰囲気あるのですが撮り方が下手くそでした・・・。

本体のカラーリングも以前に改造して作ったジム・カスタムジムキャノンU合わせています。