×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

YMS-07B グフ
ランバ・ラル専用機
青い巨星ランバ・ラル大尉のグフです。
大尉の乗ったグフは、量産型のMS−07BではなくYMS−07Bです。
(カラーリングが少し違うだけですが・・・)

この機体は、ラル大尉のグフですから特別に他とは違う改造を本来ならしたかったのですが依頼品と言う事もあり最小限の改造で量産機と試作機の違いを出そうと言う方向で今回は、製作を進めました。
右の画像が、UCHGのランバ・ラル大尉です
追加画像
製作コメント

頭部=HGUCザクと同じあとハメ加工とHアイズ等でモノアイを作り可動式に!
アンテナは、HGUCザクの物を使いTV版の形状にしてシャープに削り込んでいます。
首関節がむき出しなのでバーニアパーツでカバーを追加!
あとノーズ部分を一度切り離し角度を付けて延長しています。
モノアイスリットの周りもキットの物だとイメージと違い目つきが悪いのでTV版を参考に修正しています。
まんまアニメ版にする事も可能ですが、そうすると全体のバランスが崩れるのでこの程度に止めて置きました。
せっかくカッコ良いグフなのに顔だけが浮くのも何なので・・・。

腕部=ヒート剣持ち手には、HGUCザクの手首を使用しています。
素立ちがカッコよくなる様にシールドを腕の側面に変更!
シールド裏は、市販パーツを使って少しデコレートしています。
通常の取り付け方だと塗装が剥がれやすいので・・・。
スパイクアーマーをHGUCザクの物を使用して中央のスパイクをグフから移植!
(アーマーの淵は、薄く削っています。)
肩の関節は、キットのままだとスカスカなのでザクのパーツを取り付けています。

脚部=太ももを よりひし形に見える様にアルテコパテで少し太らせています。
ヒザ裏の不自然な段差をアルテコパテで埋めています。
あとは、フレアの淵を薄く削って可動範囲を確保!

武器・シールド=ヒート剣やヒートロッドは、ストレートです。
シールドは、気持ちプラ板を回りに貼って大きくしています。
(本当に微妙ですが・・・)

1/35フィギュア=UCHG独立遊撃隊セットのランバ・ラルです。
このラル大尉は、キットのままだとどうしてもサンタクロースにしか見えなかったのでいくつかアニメ設定への改造と合わせて弄っています。
まず、ラルの上着の袖は、何時もグローブをしていて見えなかったのでアルテコパテでグローブに改造!腰のベルトも茶色い皮ではなくグレーのアニメ版に!
顔は、あんなにカイゼルしていなかったので両端を散髪してやりました!
もみ上げも伸び過ぎですからカット!
これで少しは、イメージが変わります。
このシリーズは、良く出来ているのにキャラの顔が全く似ていない物が多いので少し残念です。
ハモンさんなんて別人ですからね・・・このラルは、まだ良い方です。
(ハモンさんの作例は、HGUCラルドムのページに有ります。)
私には、キットの作例の様な塗り方は出来ませんので何時もの様に筆で塗っています。ディオラマを製作するなら専門の人が作っているようなやり方で塗装するのが正解だと思うのですが、ガンプラの前に飾るのだったらこれで十分だと思います。

後は、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1200)のあと黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・トップコート(半ツヤ)を吹いています。
フィギュアは、筆塗りです。

デカールやカラーリングは、以前に製作したMGラルグフを参考にしました。
殆んど弄っていない様に見えると思いますが、HGUCグフも少しの改造でよりグフらしく見えると思うのですが?(追加画像を見て頂いた方が良く解ると思います。)

ポイントは、肩とノーズ部分ですね・・・あとカラーリングも!
シールド周りは、スカイブルー系でヒート剣のグリップは、グリーン系です!
薄くし過ぎるとラルのイメージに合いませんよね!漢の青じゃないと!