×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS−14B 高機動型ゲルググ
キマイラ隊仕様

先行量産型のゲルググ(YMS-14)25機の内、エース部隊に譲渡された24機には各パイロット達に応じたチューニングが施され、高機動型ブースターパックを装備したB型とビームキャノンパックを装備したC型が用意されました。

突撃機動軍の本国要請でグラナダに集められたエース達は、ザンジバル級の「キマイラ」を旗艦とするMS部隊として編成され、コレヒドール暗礁宙域で実戦訓練を行っています。

高機動型のB型と言えば、「真紅の稲妻」ジョニー・ライデン少佐の機体が一般的に知られていますが、エース部隊には少佐の機体以外にも11機B型が配備されていて、今回の作例はその中の1機です。
最近ではキマイラ隊のカラーで知られているのは、ジョニー・ライデンの真紅の機体トーマス・クルツのスプリット迷彩やグレーのC型やB型だけですよね?
昔からこのグリーンのツートンは、設定であったのですよ!
実はMSVの1/144ゲルググキャノンのパッケージに描かれています。
書かれているのは、後姿で上半身だけなので私独自の解釈で塗り分けや白いラインを入れて見ました。ここは、ゲルググキャノンと合わせるのが正解だと思います。
このカラーリングは、皆さん意外と盲点でしたでしょ?

制作コメント

定番ですが、HGUCゲルググとMSVのキットとのニコイチです。
ゲルググのB型は、ザクと違いランドセルなどだけで簡単に高機動型になります。

頭部=モノアイをクリアパーツ(ビームサーベルの輪切り)に変更!
あとは、アンテナをMSVのキットから持って来て使用しています。

胴体=腹の形状が丸くて私のイメージとは違うので昔のイラスト等に見られる形状にアルテコで修正!
リアスカートの形状もジオノの様になっているのでプラ板で2ミリ延長してから形状を昔の様に直しています。
(先行量産型ならオリジナルのラインにするのは、当然です!)
スカート内部のバーニアを一つ一つ切り離しています。
肩の接続パーツを後ハメ加工。
腰にビーム薙刀の取り付けパーツをプラ板とパテで製作して取り付けています。

あと肩内部の丸いパーツの下(軸が当たる部分)を少し削って可動範囲を確保!
この工作は、地味ですがシルエットなどに大きく影響します。
この改造は、友人である三十路工廠さんのアイデアです!
三十路工廠さん有難う!おかげで良い物が出来ました。

腕部=両腕に付いている熱核ジェットユニットは、キットでは何も無いのでダクト風にモールドを彫っています。市販パーツで手首カバーを追加!
ヒジ関節の後ハメ加工。

脚部=ヒザ関節の後ハメ加工しています。
フレア内部のバーニアはリアスカートのバーニアと違い、切り離さなくても待ったく見えないのでそのままです。

武器=専用のビームライフルの他にゲルググイェーガーが持っていたビームマシンガンをオマケで持たせています。
このビームマシンガンは、キットのままではグリップが小さくて持てないのでHGUC旧ザクのマシンガングリップを移植しています。(これがピッタリです。)
丸リベット等を一部に使用しています。
シールドは、ストレートです。(作りましたがこの機体には、あまり似合い様な・・・?)
ビーム薙刀は、黄色の刃ではなくMSVなので水色に塗っています。

ランドセル=基本的にMSVキットのままです。
無加工で取り付けられる様に改造してからレジンで複製した物を使用しています。
バーニアは、市販の物です。
元々HGUCのキットが懐かしい感じのスタイルなのでサイズやデザインなどもそのまま改造無しで全く問題ありません!

1/35フィギュア=以前作ったシャアのフィギュアを改造して作りました。
一見、普通の一般兵に見えると思いますが、実は細かい所の仕様が違います。
ヘルメットの耳にあたる部分が後期型・肩にパットが付いている・胸のグレーの部分の線が左右2本(通常は3本)になっています。
この仕様は、イラストなどのT・クルツやJ・サカイのデザインを参考にしています。

あとは、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1200)の後、黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・デカール・トップコート(つや消し・光沢の混合)。
フィギュアは、筆塗りです。

機体全体にMSVのイラスト等で確認出来るモールドを入れています。
MGの物とまた違って懐かしい感じになっています。
個人的にこのダサさがたまりません!
このカラーは、ゲルググキャノンの箱絵の物とMSVハンドブックに映っている物との中間にして見ました。
イメージは、「紫電改」や「五式戦」ですね!マニアな方なら「ニヤリ」とされるのでは?

デカールは、ゲルググキャノンの箱絵で確認出来る機体ナンバー27(本当は、黒淵)とエース部隊のマークであるスペードとエンブレムに突撃機動軍のマークとジオンマークです。(スペードや階級は、自作の転写デカールです。)
この機体を作るにあたって絶対に必要なのがエース部隊の証である「エースオブスペード」のマーキングです!これが無いとエース部隊所属機になりませんからね!
あとゲルググキャノンと同様の白いラインは、エナメル塗料で手書きしました。

追加画像