×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

NRX-044 アッシマー
ブラン・ブルターク搭乗機
このMSは、「機動戦士Zガンダム」に登場する可変MSです。

劇中での活躍は何と言ってもブラン・ブルタークの強さです!
あのアムロやクワトロ大尉ともほぼ互角の戦闘を繰り広げていましたからね。

その思い入れから今回はフィギュアも作りました。
(この人を立体化している人は私は聞いた事がありません(笑))
制作コメント

このキットは、HGUCで初めて1/144としてキット化されましたがバランス的に言えば昔の(1/220だったかな?)方がよりTV版に似ているような気がします。
とは言え差し替え無しで完全変形を実現しているこちらの方が出来は良いのですけどね。
キットの弱点は、足首の接地だと思います。このキットベースのアンクシャでも同じでしたから仕方がないのですけど・・・
足のデザインなんか当時流行っていたマクロスのバルキリー風ですよね。

今回の作例は、変形機構を活かしておりませんのであしからず・・・
(昔はよく変形した円盤状の形を見てハンバーガーって言ってました)

手を加えたところは、モノアイ回りと手首をアンクシャの物に変更とランドセルのバーニアの変更くらいで、後は細かい所もいじっていますが書くほどの事じゃないのであえて書きません。
左手のビームライフルはHGUCマラサイの物を流用してます。
このライフルは劇中でもブラン少佐が使ってましたよね。(何処から出したかいまだに不明ですけど笑)
欲を言えば足全体を幅増ししても良かったかなと思います。

実を言うと今回のメインはMSではなくフィギュアだったりします。
あの個性的な人をこのスケールで作っている人は世界中探してもまず居ないでしょうからね。
と言うか少佐を立体化してやがると言って笑ってもらうためです。