×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS−14G 陸戦型ゲルググ
ヴィッシュ・ドナヒュー専用機
この機体は、DCのゲームソフト「機動戦士ガンダム外伝コロニーの落ちた地で・・・」の中で、ジオンのエースパイロット“荒野の迅雷”ヴィッシュ・ドナヒュー中尉の専用機として登場します。

彼が以前、愛機にしていたグフと同様に隻眼の髑髏がパーソナルマークとして描かれています。

このゲームの中では、ザクもゲルググも一色で塗られていて、ゲルググは地上戦用の14Gとされています。
外見は、殆んど同じなのですが両腕の側面に付いている熱核ジェットがアームガトリングとアームランチャーに変更されています。
制作コメント

製作はいたって普通で、このキットに必要な後ハメ加工の他、リアスカートと下腹の形状変更・手首カバーの追加・ゲームの設定CGで確認出来る通常のゲルググと違う頭部の形状(後頭部など)や肩アーマーの縁・下腹・モールドの追加などを改修して、設定どおり両腕に武装を仕込んでおります。
(画像では何も見えていませんがちゃんと付いています)
それと同タイトルの小説版で持っているビームマシンガンを追加した位です。
(このビームマシンガンもイェーガーの物ですがそのままだとグリップが小さくてゲルググの手に合わないので他のキットからグリップ部分だけを移植しています。)
何時もならビームライフルも指2本掛けに改造していますがこのゲルググは、ノーマルでOKなんです。

あとの細かい改修や塗装などは、過去に作ったHGUCゲルググと同じです。

マーキングなどは、ゲーム攻略本付属の物を貼っています。
あとは、ラインデカール位でジオンマークすら本体には貼っていません。

フィギュアは、UCHGのワッパに付属していた物がヴィッシュの雰囲気によく似ていたのでそれをもとに何時もの様にポーズ変えとアルテコでヴィッシュに見えるよう頑張っております。
と言っても七三分けで眼帯を付けりゃ嫌でもヴィッシュに見えますけど・・・(笑)

これまたどうでもよい拘りなんですが、背中に薙刀を取り付ける所があるにもかかわらずワザと付けておりません。当時のゲームCGの技術のせいで何故だか付いていないからです・・・
一応、シールド裏とどちらでも付けられるよう2本作ってあります。

あと本来は、もっと明るいイエロー系のグリーンなんですが、私が参考にしたのは、このゲームの最終面に流れるムービーで見るもっと暗い色のヴィッシュのゲルググなんです。
(でも本当は、天候と時間帯の加減でそう見えているだけなんですが・・・)
見て見ると解かって頂けると思うのですが、登場シーンがあまりにカッコ良くて・・・。
ジオンファンでまだ知らない人が居たら是非、お勧めデス!

随分と昔にヴィッシュのグフを作りましたが今見るとかなり・・・な部分も多く写真が物凄く下手くそなんで何時か機会があれば作り直したいと思います。