×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MSN−06S シナンジュ
フル・フロンタル専用機
このMSは、「機動戦士ガンダムUC」に登場するNT専用MSでネオ・ジオン残党軍(袖付き)の「シャアの再来」と呼ばれる仮面の男、フル・フロンタル専用機です。
私は当初この作品のMSはどうも好きになれなかったのですが映像化された物を見てあまりの出来の良さにその印象が180度変わりました。
最初このシナンジュを見た時は、「何だ?このサザビーとダンバイン系を足したような」とか思ってたんですけどね。
開き直ったかの様な赤い彗星としての演出はどうのこうの言う以前に素直にカッコ良いの一言でした。
圧倒的な強さと通常の3倍のスピード!やはり演出は大事ですね。
もともとシャア・アズナブルの大ファンだった私があの映像に食い付かない訳がない。
極め付けは、シャアと同じ声優さんだと言う事とMSの型番が06Sと言うのが好いですね。
このフル・フロンタルについては説明しにくいのですが一言で言うなら「とある大佐の複製人間」です。
とあるとか言ってますがこれだけシャアとか書いてればバレバレなんですけどね・・・
制作コメント

凄く出来が良いキットなので殆んどストレートの様な物です。
アンテナや各アーマーの本来尖っているところをしっかり尖らせてると言った作業は改造とは言えないレベルですからね。
しかし、あえて手を加えていると言ったら肩から付いているスパイクの付いたパーツくらいです。
装甲に対して垂直に付き過ぎているため、一度切り離してもっと下に向くように角度を付けています。
肩の所にも劇中で見ると内部パーツの様な物がありますがスペースの問題で今回は無しにしています。

今回の作例は、どちらかと言うとフィギュアメインですね・・・(笑)
MSはホント誰が作ってもこの形になりますしこのくらいの作例ならもっと上手に作られる方もおられますので・・・なので見所は、フィギュアと言う訳です。
制作にMSの3倍以上かかってしまいました。
何時もと違って難易度が非常に高く苦労しました。
私の腕では今の段階でこれ以上は無理なのでちょっとここがとか思う方もおられるでしょうがご勘弁を・・・
パッと見て「あぁ似てるよね」とかフル・フロンタルだと解かれば良しとして下さい。
私はフィギュアの専門家でも原型師でもなんでもない素人ですから。
(これって言い訳の様に何時も書いてますね・・・でも事実です。笑)
一応、随分昔に作ったシャアのフィギュアを芯に制作しています。
身長を同じにするためです。ホント芯にするだけで実際は口や鼻以外は全て作り直しています。
フィギュアの制作途中にこの作品の3話を見ていたら原作と服のデザイン(後)が違う事が解かり急遽、アニメ版に作り直したりしました。
原作版とよく見比べると上着の丈やマスクの形状など違う所が多少あります。

それとデカールはプロペラントタンクの赤いラインだけでエンブレムもジオンマークも貼っていません・・・。
専用の物を購入して見た物のこれを貼ると随分印象が変わってしまう為、止めました。
金色のエングレービングとフィギュアは筆塗りです。
このMSはよく他の人が作っているのを見るとまるでスポーツカーの様な塗装をされている方も居られますが(アレはあれで良いと思うのですが)ここは何時もと同じ自分らしい赤の塗装方法をさせて頂きました。
あと画像を載せるまでもないと思って写真を撮りませんでしたが他の武器関係も製作しています。
(そう言えばクリアパーツも少しだけ加工をしました)

ホントまだこの作品を未体験の方は是非、DVDを買って見て欲しいと思います!
そう言えば、とある有名声優さんがこんな事を言っておられました。
「豚にシナンジュ」と・・・なるほどなぁ〜と思いましたね。この作品を見るとその意味がよく解かりますよ。
簡単に説明すると豚野郎がどれだけ高性能なMSに乗ってもその性能は発揮されないと言う事です。
やはりこう言った特別な赤いMSは、あの赤い人が乗ってこそだと言う事です。