×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS−14S(YMS−14) ゲルググ
シャア・アズナブル専用機
この機体は「赤い彗星」シャア=アズナブル大佐専用にチューンナップされ、25機生産された先行試作型の1機で、量産型を上回る高性能機です。

新設計された新型ジェネレータの出力の大幅な向上によりジオン軍の量産型MSとしては初めてビームライフルを装備した機体です。

標準装備としてツインビームソード(ビーム薙刀)、専用シールドを装備。
大気圏内・外をとわず、あらゆる状況下で高性能を発揮できる機体で、一年戦争当時シャアが使用した最後の赤いパーソナルカラーの機体です。
制作コメント

今となっては、凄く懐かしいキットの一つですね!
私自身、昔から何度も作っています。(サイトでは初めて)
今回は、発売されたMGギャンの横に並べてやりたくてもう一度作りました。
一緒に作ったMGギャンと比べるとやっぱり見劣りする部分も多少あります。
しかし賛否両論のあるこのゲルググのキット!私は大好きです!
殆んどストレートですが、顔と胸を若干改修してイメージを変える方向で制作しました。

頭部=耳にあたる部分にアルテコパテを盛って厚みを出しています。
ノーズ部分もアルテコで幅を増して多少ですが、昔の雰囲気を出しています。
(ノーマルの頭部と並べると解りやすいのですが・・・。)
トサカもセンターで幅まししています。
あとは、アンテナをシャープに!

胴体=このキットの欠点であるスカートアーマーの合いの悪さを解決するために一度接着してパテで段差を消してモールドを彫りなおしました。
本体のつなぎ目も消したので中のパーツを見ることが出来ません。
(この方が見た目にもカッコ良いので・・・)
肩関節は、なで肩にならない様に関節をきつくしています。
胸部をアルテコパテでボリュームアップ!襟付近を見るとわかります。
一部うるさいモールドを消してからシンプルな物に変更!

腕部=シールドの保持用に握り拳を加工してグリップを真鍮線で固定!
(シールドグリップは、これの他にノーマルも有り)
肩アーマーのセンターにモールドを追加!
肩のスラスターは、昔風に削り落としています。

脚部=フトモモを昔のイラストの様に角ばった形にパテで成形しています。
少し懐かしい感じになりますよ!
このキットの弱点の一つのヒザ関節!長く飾っていると後ろに倒れる・・・
なのでここも肩と同様に関節をきつくしています。

武器=基本的にストレートです。
シールドのスリットをくり貫き裏からエバーグリーンのプラ板を貼っています。
1/20フィギュアは、シャア専用リックドムに付属している物です。

後は、基本工作のつなぎ目消し等(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)をしてからサフ吹き(1200)で黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・トップコート(つや消し&半ツヤのブレンド)を吹いています。
シャアのフィギュアは、筆塗りです。
コクピットのパイロットや1/100フィギュアもちゃんと塗っています。
(写真には、写ってませんが・・・)