×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS‐06RP プロトタイプ高機動型ザクU
エリオット・レム搭乗機
この機体は、F型後期量産型を改修して開発されたプロトタイプの高機動型ザクです。
RP型は、2機製造され月面グラナダ基地でテストが行われました。

1号機には、ジオニック社の技術仕官エリオット・レム中佐が、自らが開発したMSにテストパイロットとして搭乗しました。
中佐は、MS−02〜MS−06Fの主席設計技師でRタイプの最高責任者でMSの操縦は、エースパイロットなみの腕だったそうです。
製作コメント

今回も基本的にHGUCザクとMSVの2こイチで、以前に制作したR型をこの機体独自の形状に改造しました。

頭部=何時もの工作であとハメ加工・モノアイスリットの幅詰め・モノアイをクリアパーツにしました。(これは、私の定番工作です。)
アンテナは、イラストを参考にプラ板で制作しアンテナ基部をアルテコで作っています。

胴体=まず胸ブロック周りをアルテコでボリュームアップしてF型との違いを出しています。

腕部=何時もは、下腕のバルジを張り出させているのですが、今回はプロトタイプと言う事でそれをやめて下腕の内側を丸くなる様にパテを盛っています。
あとは、スパイクアーマーの縁を薄く削って接続をボールジョイントに変えて手首カバーを追加しました。

脚部=普通のR型と違うところを切り落としパテでラインを変えたりモールドを彫ったりとイラストを参考に色々変えております。
後は、何時もと同じでMSVのパーツにHGUCの関節を移植してフトモモにアルテコパテを盛って裏側をボリュームアップしています。
足首のパーツもF型とは違うのでパテを盛って整形!ヒザアーマーの裏もパテで埋めています。
バーニアは、市販パーツを切り詰めて使用しています。(そのままではごついので)
フクラハギ裏のパイプは、頭部のパイプを切って使っています。(2体分です)

ランドセル・武器=ランドセルも一部パテで段差を埋めてサイドのスタビライザーも形状変更!
後は、何時もと同じです。 武器は、マシンガンのマガジン裏をパテ埋めした位でバズーカとヒートホークは、ストレートです。

この機体の特徴である右肩のマークは、チェックのラインデカールを丸く切り取って使っています。
他は、イラストを参考に、01ナンバーとコーションマークを適所に貼っています。
あとイラストで確認できるモールドは、全て再現しています。

後は、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1200)の後に黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・デカール貼り・トップコート(つや消しと半ツヤのブレンド)を吹いています。