×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS-06R-1A 高機動型ザクU
マサヤ・ナカガワ専用機
マサヤ・ナカガワ中尉は、ジオン公国ではめずらしい東洋系の血をひくパイロットです。
ア・バオア・クー要塞基地に駐屯したEフィールド防空大隊に所属していました。
宇宙用MSではめずらしい茶色系のパーソナルカラーです。(まるで地上用)

この機体の特徴は、やはり前頭部では無く頭頂部につけられたアンテナでしょう!
カッコよいかどうかは、別として忠実に再現しました。
製作コメント

今回も基本的にHGUCザクとMSVの2こイチで、以前に制作したR-1Aにこの機体独自の頭部アンテナを付けた仕様になっています。
設定である通りR‐1からR‐1Aに改修された痕跡が、この機体には、残っています。

頭部=何時もの工作であとハメ加工・モノアイスリットの幅詰め・モノアイをクリアパーツにしました。(これは、私の定番工作です。)
アンテナは、イラストを参考に形状変更してから基部をアルテコで作り頭頂部に取り付けています。

胴体=まず胸ブロック周りをアルテコでボリュームアップしてF型との違いを出しています。各スカートアーマーの角を落としています。

腕部=R型(黒い三連星機やプロトタイプ除く)全般の手首には、ナックルガードの様なパーツが付いておりこれもプラ板で追加しています。
張り出したバルジは、市販のパーツを組み合わせて貼っています。
これもR‐1型の特徴で右肩には、ダクトの様なスリットが入っているのですが、この機体にはそれを埋めた跡があります。
その跡をデザインナイフでモールドを入れ再現して、シールドの裏に補強版の様なパーツをプラ板で追加!そしてシールド裏のあなを市販パーツで隠しています。
あとは、スパイクアーマーの縁を薄く削って接続をボールジョイントに変えてスパイクにモールドを彫って手首カバーを追加しました。

脚部=MSVのパーツにHGUCの関節を移植してフトモモにアルテコパテを盛って裏側をボリュームアップしています。
足首のパーツもF型とは違うのでパテを盛って整形!ヒザアーマーの裏もパテで埋めています。
バーニアは、市販パーツを切り詰めて使用しています。(そのままではごついので)
フクラハギ裏のパイプは、頭部のパイプを切って使っています。(2体分です)

ランドセル・武器=MSVの物をサイズがピッタリ合うようにしてダクトなど所々市販パーツを使っています。 武器は、マシンガンのマガジン裏をパテ埋めした位でバズーカとヒートホークは、ストレートです。

この機体の特徴であるスパイクアーマーのFWの文字と左腕の撃墜マーク!
シールドには、ガンダムウェポンズ等の作例でも使われているチェックのラインデカール!
オリジナルイラストでは、黄色いジオンマークでしたが、今回は、他のデカールや色のバランスを考えて白のジオンマークにしました。

後は、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1000)の後に黒立ち上げ塗装・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・デカール貼り・トップコート(つや消しと半ツヤのブレンド)を吹いています。
(この色ってまるでゴッグ?)