×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS‐06R‐1 高機動型ザクU
シン・マツナガ専用機
“ソロモンの白狼”シン・マツナガ大尉の機体と言えばやはりこの高機動型ザクです!
彼が仕官学校に入った後、大尉に昇進した際にこのR‐1を受領しています。(後にR‐1Aに換装される)

ソロモンが落ちた際、彼は本国へ召還されていたため戦死は免れていますが、この機体はソロモン宙域に残されたままだったそうです。
製作コメント

随分と昔にHGUCザクとMSVのニコイチで一度制作していましたが(背景が暗い画像の物)今回は、製品版を使ってフィギュアも一緒に作りました。
本体は以前のマンスフィールド機と同じ工作ですが今回はシン・マツナガ機なのでキットでは再現していないところをプラスして作りました。
シールド内側の強化リブ・ヒザ下にある小さいスラスターの様なものを追加・ヒザ横にあるリブ・胸にモールド追加です。
あと三連星の高機動型ザクUのキットだと肩のスパイクも普通だったのですが、このマツナガ機のスパイクは前後の物が斜めに付いています。何かの演出だろうと思いますけどこれも気に入らないのでモールドを追加したうえで普通の角度に直しています。

マーキングは付属のシールを指定通り貼ってます。(これちょっと厚いです)
肩の水色のラインはマスキングで塗装しています。

あと画像では写していませんがヒザもグレーの物をもう一組作っています。
何故かと言うと本来、キット指定などのヒザグレーは昔の1/100キットの箱絵仕様でオリジナルイラストでは本体色の白なんですよ。(なのでどちらも再現可能なようにしました)
白と言っても純粋な白では塗っていませんよ。

フィギュアも久しぶりに作ったので感覚が鈍っているのか似ているかどうかとか出来は保証致しません。
胴体とか少しは変えているけど昔の使いまわし見たいな物ですからね。
何せヘルメットを脱いだ彼を殆ど見た事がなく印象にありませんでした。
参考になる物と言えばギレンの野望のグラフィックかカードビルダーくらいで、しかもどれも顔が違うのです。
最近のコミックスに登場する彼は参考になりません。イメージぶち壊しです!優男過ぎる!(ライデンは良かったが)

手に持っている特徴的なヘルメットを被せてみたらもっと似ているかも?ですが今回は雰囲気物です。
渋めのオヤジでひげを付けてあのヘルメットを持たせれば嫌でもシン・マツナガに見えるものです(笑)
作っていて思ったのですがこの顔に眼帯付けたら大塚明夫さんの声が聞こえてきそう・・・