×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MS-07B グフ
マ・クベ専用機
この機体は、ザビ家長女キシリア少将の懐刀で知られるマ・クベ大佐の専用機です。
マ・クベ大佐と言えば、TV版でギャンに乗っていましたが、ヨーロッパ鉱山基地に駐留していた頃にこの機体を所有していたと言われています。

頭部にスピアヘッド状の装飾が取り付けられており 装甲各部には、エングレービングが施されているのが特徴です。 カスタム機ですが、量産機と性能の差はありません。
(この機体は、オデッサ防衛線には参加していません。)
PS2のゲームソフト「ギレンの野望」にも登場します。
このゲームソフトには、ゲームオリジナルのマ・クベ専用グフと同様のエングレービングが施されたマ・クベ専用ギャンも存在します。

追加画像

制作コメント

頭部=マ・クベグフは、頭頂部と鼻が鳥のようになっており、アルテコパテを盛って再現しています。 スピアヘッドは、HGUCギャンのアンテナを使っても良いのですがこの作例は、イラストを参考にプラ棒の削り出しで作っています。
頭部の後ハメ加工は、HGUCザクと同じやり方です。モノアイもバーニアパーツで作り直していますので可動します。

胴体=基本的にストレートです。

腕部=肩とスパイクアーマーは、HGUCザクの物です。こちらの方がオリジナルイラストのイメージに近くて形状が良いのでこちらを付けました。 真ん中のスパイクのみグフの物を移植! アーマーの縁を薄く削っています。
右手のヒート剣用はHGUCザクの物で、左手首のマシンガンは、先を市販のパーツでディティールアップしています。

脚部=フトモモをアルテコパテでより十字に盛り上がる様にしています。
マ・クベグフは、サイドのダクトが二つに分かれているのでプラ板でしきっています。
あとは、縁を薄くしたぐらいです。

シールド・エングレービング=キットのままでは、小さすぎて装飾が再現出来ないと思い上下に延長しました。 のぞき穴も上にずらしています。
各部の装飾は、ドズルザクと同様にアルテコパテを爪楊枝で少しずつ盛って再現しました。
“ギレンの野望”やオリジナルイラストを参考にしましたが解らない所などは、自分でアレンジしています。
このスケールでは、完全再現が困難なので出来るだけシンプルに致しました。

後は、ストレートにつなぎ目消し・ヒケ処理(400番〜600番〜1000番のペーパーがけ)サフ吹き(1000)の後に黒立ち上げ塗装・シールドの模様や装飾は、筆塗り・エナメル塗料(ブラック+ブラウン)でスミ入れ・デカール貼り・トップコート(つや消しUVカットと半ツヤのブレンド)を吹いています。

以前にも1度このグフを製作しましたが、この作品は2代目です。

今回もポイントは、キットの良さを残しつつマ・クベグフを再現する事です。
昔にもホビー誌で作例を見たことがあるのですが、頭部がかっこ悪かったり装飾が中途半端だったりとあまり良い作例ではなかったので (あれは、プロの仕事とは思えません)
自分で作るならもっとカッコよくしたいとずっと思っていました。
製品で発売されるならこんな感じだと思うのですが・・・。