×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

AGX-04 ガーベラ・テトラ
シーマ・ガラハウ専用機
このMSは、「機動戦士ガンダム0083」に登場したシーマ様の専用機?と言うか搭乗機です。
劇中では、出番も少なかったですが当時からデザインや設定がカッコ良かったため人気でした。
アナハイム社でガンダム試作機の候補として開発が進められていた「ガーベラ」。
その開発にはGP02Aと同じく旧ジオニック社の技術者が多く関わっていたためガンダムとはかけ離れたシルエットになっています。
アナハイム社との密約により各所に偽装を施した後、デラーズ・フリートに渡されました。

そう言えば、偽装されていない本来の試作ガンダム4号機ガーベラと言うのもガレキでありましたね。
制作コメント

このキットは最近の物なのでとても良く出来ております。なので改造も少ないですがその分より丁寧に作らないといけません。(勿論、他の物も丁寧に作っておりますと言うか心構えです)

アンテナなどをシャープにしてモノアイをクリアパーツに変更や後ハメ加工といつもと同じです。
モノアイは通常より少し上にずらしてより目つきの悪い感じにすると良いかも?です。
ただ、とても出来が良いので惜しまれる点ですが足裏が肉抜き穴でスカスカなのでパテで埋めています。

デカールは胸のジオンマークのみ!よく色々と貼っている人も居られますが絶対にアナハイムとかのデカールは貼ってはいけないです。
なんのための偽装なんだ?と言う事・・・

あと所々市販パーツに置き換えています。
ふくらはぎのディティールが設定画と違ったのでよりシンプルに変更。
手首カバーも追加です。

やはりシーマ様の機体はどれも魅力的です!自分的にはゲルググの方が好きですけど・・・

これだけは書きたいのですがこのキットに限らず最近の物はプラの素材が柔らかくて直ぐに破損する危険があります。
このガーベラも一度仮組みして外す際に肩のスラスターなど折れました・・・
なのでより強度を持たせて補強してあります。
作る側からすれば加工しやすい素材と言うのは嬉しいのですが昔と比べて強度が無いと言うのは考えものですよバンダイさん・・・